リハビリテーションの種類を知ろう

リハビリテーションの職場で働く

社会復帰をするための治療やサポート・支援をするのがリハビリテーションに関わる人たちです。様々な専門職があり、知識を有しているスタッフが患者や高齢者と向き合いながら、1日も早く当たり前の生活ができるように一緒になってリハビリテーションをしています。多くのスタッフが現場で必要とされる人と向き合って一緒に頑張っています。

病院や介護施設などのリハビリテーションを使った医療は、それぞれの分野や専門が異なる理学療法、作業療法、言語聴覚療法で構成されていることが多いです。 それぞれの専門性を十分活かすために分業でそれぞれのスタッフが現場で患者や高齢者と向き合っています。動作機能、作業機能、言語聴覚機能に携わるそれぞれのスタッフが、多職種連携しています。

それぞれの専門スタッフが担当するリハビリテーションの領域が異なっているからこそ、みんなが連携して患者や高齢者などが本来持っている能力を最大限に引き出してあげるのがリハビリテーションです。患者や高齢者の人が元気で健康になれるようにサポートと指導をしてあげることができる人材が、それぞれの職場で求められています。だからこそ多くの人が、リハビリテーションの現場で働きたいという志を持っている人も多いです。

当サイトではリハビリテーションで働きたいと思っている人が、どのような仕事内容が求められるかを解説しています。患者や高齢者のために自分がやりがいを感じて仕事をすることができるようになっていただけたら幸いです。



言語聴覚療法

Copyright © リハビリテーションの種類を知ろう, All rights reserved.