リハビリテーションの種類を知ろう

作業療法

リハビリテーションで多くの人が作業療法で訓練やトレーニングをしています。この方法は普段の生活に欠かすことができない食事・トイレ・当たり前の生活行為が継続してできるように、運動機能から精神機能までを継続的に維持することができるようにリハビリテーションを行っていきます。病気や怪我で障害を負ってしまった人にも行う療法ですが、最近では高齢化社会になっているので、介護施設などで入居者を相手に作業療法の訓練や支援をする機会も増えています。

作業療法のリハビリテーションをするのが「作業療法士」です。医療従事者として確立されているので、リハビリテーションに関わる仕事がしたいと思っている人に人気の職業です。医師の指示に従って、日常生活に欠かすことができない動作、運動機能、高次脳機能の向上を図るための訓練を支援します。

普段の生活の中には様々な作業をすることがあります。健常者であれば当たり前のように自分自身で作業をして生活をします。しかし障害者や高齢者は、自分の思い通りに作業できないことも多いです。それはストレスになってしまいます。だからこそ作業療法士がリハビリテーションを提供して、患者や高齢者に健康状態の向上と、当たり前のように作業できることの幸福感を感じてほしいという思いでサポートしていきます。



言語聴覚療法

Copyright © リハビリテーションの種類を知ろう, All rights reserved.