リハビリテーションの種類を知ろう

言語聴覚療法

リハビリテーションの中で言語や聴覚に関するサポートや支援をするのが言語聴覚療法です。聞く・話すというのは普段の生活の中で欠かすことができないことです。コミュニケーションで必須となる言語聴覚の能力を回復させるのが、このリハビリの特徴になります。言語聴覚療法を通じて多くの人が、他人とうまく意思疎通を図ることができるようになって、当たり前のように生活することができるようになります。

この言語聴覚療法のリハビリテーションを担当するのが言語聴覚士です。患者に寄り添って発声発語機能や聴覚機能、さらにはコミュニケーション機能に障害がある人に対して、当たり前のように生活することができるように、リハビリテーションを通じて生活の質の向上を支援していきます。そして社会復帰をすることができて普通に生活ができるまでサポートします。

それが言語聴覚士の役割になります。患者のレベルに応じて訓練だけでなく、支援や指導も行う専門職になります。言語聴覚士は医療機関だけでなく、保健施設や介護施設などでも幅広い年齢層の患者などと向き合っていきます。普段の生活の中で最も必要とされる言語や聴覚を訓練をしながら回復させる重要な専門職となっています。



言語聴覚療法

Copyright © リハビリテーションの種類を知ろう, All rights reserved.